行き先はSHANTI RSS



ブログ引越しました。世の中の「簡単そうに見えること」

10年以上前から細々と続けていたブログを 新しくウェブサイトをオープンするにあたって こっちにお引っ越ししました。  ブログ引越しのやり方を調べたらその時点でわからない単語ばかりでまた調べる、というループにハマり 結局ブログお引越し用のアプリを使うことになってそれでもそこそこわからないことが出てきて問い合わせにあたふたする。 自分の苦手分野について質問するのって難しい。何がどうわからないかを誰かに説明するのはわからないなりにスキルが必要とされる。ウェブサイトを作ろうと思い立ってからあんまり使わない部分の脳をフル回転させてる。無駄に空回ることも多々あるものの。いや、すごいあるんだけどその中に、「おお、やればなんとかなる時もあるのだ」という小さな感動があることでモチベーションを保っている。 とはいえ、いまだにブログ全部のお引越し終わってないのだけどとりあえず今後はブログはこちらです。 ブログのお引越しなんて、珍しくない。今更だけど、何回めかの実感したこと。  世の中の  「簡単そうに見えること」や、 「必ずしも簡単そうじゃないけど みんなやってること」   は、実はそこまで行き着くのは簡単ではない (でもたくさんの人がやっている)のだ。   大昔、運転免許を取ったとき 。   地方に運転免許合宿に行っていた私は 実地試験にうっかり落ちてしまい いっしょに来ていた友達はめでたく合格し、 先に東京に帰ることになる。   涙目で友達を見送ってからは   合宿所の近所の道を フツーに走るフツーの車を運転するフツーの人たちを 尊敬と羨望の眼差しで見るようになった。   だってすごいじゃん車運転できるなんて あんたたちこんなにフツーっぽく見えるのに この難関を突破したんだね あなたもあなたも、あなただってみんな試験に受かったんだ。   交通情報で、10km渋滞です、とか聞こうものなら ノロノロ進んでいる車の中の人たちみんなに あなたたちみんな頑張って免許取れたすごい人たちよね 早く帰れますように、とエールを送りたくなる。   全ては、相対的なものなのだ。 自分のおかれる環境で、 これまで同じだった景色が何色にも見えちゃうものなのだ。   フツーに見えること、も実はハードルが高い。 とういうことは結構ある。 とは言え、超えられるのだ。 超えてる人はいっぱいいるのだ。 きっと私にもできるはず。まずは投げないでトライしてみる。 というシンプルなことを 改めて肝に据え、日々精進しようと思います。 あ、免許はそのあと取れました。 そして免許合宿から早20数年。次の目標は、いよいよペーパードライバーからの復活です。 やばい、ほぼまた振り出しに戻っちゃったじゃん! 日々精進。   大きなラブラドライトに蓮がついているペンダント。大きいペンダントは、これ、重くないですか?とよく聞かれます。重いですよ。見た目のとおりです。いいんです。ずっしり感がたまらない人も一定数いるのです。        

続きを読む



あっさり年越し2021日本。今年もよろしくお願いします。

遅ればせながら2021年明けましたね。新年のご挨拶申し上げます。 15年ぶりの日本での年越しはあっさりと過ぎた。 ここ数年、正月と花見シーズンだけ日本が恋しかった。その時だけどこでもドアを妄想する。年越しそばとゆく年くる年と夜中の初詣。実は、そんな日本らしい正月を最後におくったのはいつだったか思い出せない。日本に住んでいた時も、年越しはパーティに繰り出すのがいつものことだった。 もう具体的に思い出せないしそれが本当に楽しかったかどうかも自信がない妄想の中の「日本の正月」が南インドのゴアのいつもの私の生活とあまりにかけ離れていたので余計ノスタルジーを感じていたんだなきっと。 15年ぶりの日本での年越しは、どちらにしろ夜な夜な繰り出すオプションはないので15年どころかたぶん25年ぶりくらいに実家で年越しそばを作って成り行きで紅白の前に座ることになってしまった。紅白の感動ボタンが全くない自分に愕然とするけどゆく年くる年にしみじみする。 そういえば、神社仏閣って、修復はしても基本的に「模様替え」ってない訳でいつでも同じ顔で迎えてくれるのがいいところな訳だから何十年ぶりであろうと変わらない、ので日本各地の神社仏閣から中継するゆく年くる年も、変わってない感があるのだ。だから素直に懐かしがれるんだなきっと。近所の川から初日の出が見られた。こっちもすっかりご無沙汰だった。ただいま日本の正月。たまにはいいかな。今年くらいでいいかな。たくさん食べて、たくさん飲んでそろそろ通常モード。通常ってなんだだいたい!まだ、ネパールにもインドにも戻れそうにありません。こんな時期だししばらく籠もってオンライン関係をがんばります。遅々として進まずだけど、今やらない理由がない。よし。ウェブサイトはじめました。オンライン販売してます。www.shantiriot.com 健康は宝。去年も今年もこれからもこれに尽きる。みんな元気で。今年もよろしくお願いします。 丑。まさかの年女です。ああ、I miss牛たち。仔牛シーズンは母牛が厳しい顔をしている。

続きを読む



ウェブサイトできました

しつこいですが、日本での年越しはもちろん、本格的な冬も15年ぶりです。 冬物を持っていない私をかわいそうに思ってくれる奇特な方々が 割といらしてですね、いろいろ譲っていただいて ぼちぼち暖かく過ごしております。 日本はネパールと違って建物の気密性がいいし そもそも東京はカトマンズより全然気温は高いもんね。 寒いけど、私がいつもいるカトマンズの11月もこんなもん、だと思う。 しかし、今の時点でこんなに着膨れしてどうしよう。 こんな寒さ序の口で、まだまだこれからだよ と脅されると、東京生まれ東京育ちのくせに、ビビる。 どうしても化繊の下着が苦手で、そうするとどうしてもかさばっちゃう。 やったらぐるぐる巻きにして、そしてマスク。 そして世の人々は、冬バージョンの私に慣れていないので ぐるぐる巻きの私を見て一瞬誰だかわからないんだそうだ。 しょうがない。自分でも原型がよくわからなくなることがある。 こんな寒い日本に私がいるなんて やっぱり違和感が抜けないのだけど 籠もって仕事するのに今やらなくていつやるよ! というわけで、とうとうウェブサイト作りました。 オンラインショップも始めました。 www.shantiriot.com 今年の春に、インド滞在中のロックダウンをきっかけに 一念発起してみたのだけど 「未経験のあなたもすぐにできる、もうできたよウェブサイト!」 のはずが、時間がかかる割にはなかなかうまく行かず わからなくなった時の解決方法をぐぐるのに一日かかって 結果、二分で解決できたり、できなかったり。 だんだん、自分が 自分の尻尾を自分で追いかけ続ける猫(でも虎でもなんでもいい) みたいなエンドレスループ状態になってきて 一度すっぱり全部「なかったこと」にして仕切り直すことに。 そうこうしているうちに時間だけが過ぎ、 オンラインショップ用に写真を撮ったジュエリーも どんどんお買い上げいただいたりして(ありがとうございます) 更なる写真撮影が必要になり 初めての一眼レフカメラを優しい友達が貸してくれる。 紆余曲折というにはきっとおこがましい 初歩的な問題にジタバタし、今もジタバタ中だけど。 なんとかスタートしました。 12月22日は、200年続いた土の時代が終わり 風の時代だそうで。独立とか、組織に属さない個、とか、 この辺はもう時代先取りしてるじゃん!とか勝手に自分を励ます。 そんでもって目に見えないものに重きがおかれる、というのもキーワードだそうで。 じゃオンライン!ということで、この日にオープンしました。 紆余曲折とかいう割には もうほんとにシンプルなもので あれもやりたいこれもやりたいけど、 それ全部実現を待ってたら一生ウェブサイトがないままになりそうなので ツッコミどころ満載のまま、走り出すことにしました。 オンラインショップの商品はこれから徐々に 盛り上げていく予定です。ほんとです。 ブログまだ引越しできていません。 諸々大目に見てくださいませ。 今後とも精進します。よろしくお願いします。 あ、オープン記念でとりあえず送料サービスです(ポスト投函・追跡可能) そんでクリスマスですね。 私は申し訳ないほどクリスマスで上がらないのだけど クリスマス気分で盛り上がる方達は 盛り上がれる環境であって欲しいなあ といつも思います。 私は元気です。クリスマス、という訳ではないけど サイト作りを頑張った自分に ご褒美にいいヨガマット買いました。 健康は宝。皆さんもお元気で。 ピンクトルマリンと小さなひとのリング(シルバー)ピンクトルマリンの原石を、そのままの形を生かして一面だけ研磨しました。石の上に、膝を抱えた小さな人が座っています。光に当たるとトルマリンの中に小さなレインボーが光ります www.shantiriot.com

続きを読む



ウェブサイトができました

やっと、やっとのことで長年の目標だったウェブサイト/オンラインショップができました。完成!とはまだまだ言えないほど、ツッコミどころ満載ですが、とにかく作ってみました。皆さまお手柔らかに突っ込んでくださいませ。

続きを読む



15年ぶりのほんとの冬。11月出店の続き(日本にいます)

私にとってどんな気候がちょうどいいと言おうと そんなことは関係なく、今年は容赦無く、私も日本の冬に突入しそうだ。 たぶん、ホントの冬は、15年ぶりくらい。 いつもの年なら、今頃ネパールのカトマンズで到着している頃。 寒さが本格化する前に「また来年の夏ね!」と旅立ち続けて15年。私にとって「本気の冬」は、ネパール・カトマンズの11月の2週間だった。ヒマラヤ山脈に囲まれたネパール人にとっては、標高1300mのカトマンズ盆地は割とおだやかな気候で、実際雪が降ることはほとんどない。11月の最初の2週間なんて、まだまだ序の口。たぶん東京と同じくらいの寒さだけどそこはヒマラヤの一部だけあって、朝と夜は冷える。建物の断熱がよろしくないので余計底冷えする。 カトマンズ地元の友達には、私はいつもぐるぐる巻きに防寒しているので笑われる。それでも、11月のカトマンズの2週間が私にとっての本気の冬なのだ。冬と言ったらそこなのだ。カトマンズの後にいくインド北部のジャイプールも寒いっちゃ寒いけど、カトマンズほどじゃないのだ。 だからそこに全力を注ぐ。暖かグッズは各種ネパールにキープしてある。数少ない暖かグッズをかき集めて冬に備えようと思ったら、一番暖かいショールをインドに忘れてきてしまったことについ数日前に気づいた。ショック。 コロナのせいで、インドにもネパールにも帰れる見通しが立っていない。こればかりはどんなにジタバタしようとも自助努力ではどうともならないので 年越しは日本でする覚悟を決めた。私なんかが覚悟を決めようが決めまいが、そうするしかないみたい。 今年も大好きな松本のヤマベボッサでジュエリー展を開催できてうれしい限り。無事終了しました。またまた今年も盛り上げてくれた皆さんありがとうございました。初めての松本の秋、というか立冬ね、朝と夜の冷え込みは容赦無く持っている暖かグッズを総動員でどんどん着膨れしていく私。でもこれは冬の序の口らしくそこも含めて11月のカトマンズを思い出す。 ベランダから見える北アルプスが美しくてネパールに行けずに切ない気持ちになっていたのが ちょっと救われる。 ジュエリー展後ボッサファミリーと長野の紅葉を愛でに行く。今の時期はいつもならネパール。紅葉とかもう、10年以上ご無沙汰だったのであまりの美しさに口あんぐり。「松本の寒さもこのためと思えば なんてことない」などと思う。温泉でポカポカだったからね、なんとでも言える。  鹿教湯温泉(かけゆ温泉) ヤマベボッサから歩いて2分の松本民藝館。手入れしすぎてない庭がいい。 そして松本から静岡の富士へ。 ほぼずっっっっと紅葉を愛でつつ移動という贅沢な列車の旅。 明日から静岡・富士のカフェ・ラウンドアバウト(Majiyacci)でジュエリー展。毎年やっているマルシェ・蜃気楼が、今年はできたばかりのカフェで開催。ヨーロッパのインポートものセレクトショップ Majiyacci (マジヤッチ) に併設の朝からカレーが食べられるカフェ。 ︎11月のShanti Riot予定 (の続き) 11月10日(火)〜14日(土)静岡・富士市 カフェ・ラウンドアバウト11月20日(金)~23日(月・祝)神奈川県川崎市・溝の口 アヤハビラ 11月28日(土)東京・大森 圓能寺 えんにち 10時〜17時(予定) 年内の出店はここまでかも。その後は諸々未定で、とりあえずは日本での年越しになりそうだけどここは本腰を据えて、今できることに取組むつもり。来れ、日本の冬(あでもやっぱりそんなに積極的に立ち向かえない)

続きを読む